貸金業者から借りた借金の金融問題

貸金業者から借りた借金の金融問題

貸金業者にお金を借りたら大変なのはわかりきっていたというのに、生活苦からお金を借りてしまいました。

 

返済できるあてがあったのならまだしも、それもない状態で借りたのは自分が悪いのはわかっています。
それでもあの頃には生活苦でどうにもなりませんでしたので、他に方法が思いつかなかったのです。

 

返す当てもないのですから、当然返す事も出来ずに月日が流れていきましたが、あまりの苦しさから誰かに頼るしかないと考えるようになりました。

 

債務整理を考えましたが、自分一人では手続き方法もわかりませんし、上手くいくのかもわかりません。
見切り発車の状態で進めていく自信もありませんでしたし、手続きどころか債務整理のこと自体もよくわかっていませんでした。

 

まずは債務整理をすればどんなメリットやリスクがあるのかも聞いたうえで手続きをしていった方がいいですので、金融問題を取り扱っている弁護士に相談をする事にしました。

 

相談をしてみると金融問題に詳しいだけあって、聞いた事にはすぐに答えてくれますし、とても親身になってもらうことができたのです。
自分がしでかした過ちをののしられるのではないかという不安もありましたが、そんなことは全くありませんでした。