債務整理をして借金を半分にしました

債務整理をして借金を半分にしました

債務整理をしたきっかけはカードローンの債務が膨らんで返済不能になったことです。当初は5万円しか借入しておらず、次の給料日で完済することができました。利息も思ったより少なくて、世の中にこんなに便利なローンがあるんだと驚きました。

 

初めて借金するときは緊張感がありましたが、何度も借入・返済するうちに麻痺するようになったのです。いつしか口座から引き出すような感覚で借りるようになり、増額融資も受けたので限度枠は50万円に達しました。借金は増えるほど返済が厳しくなるので、毎月返済しても元金がほとんど減らなくなったのです。

 

そこで本格的に返済シミュレーションをしたのですが、現在の収入では完済が極めて難しいことがわかりました。今までは返済する余裕がなくても、カードローンで借入して返済に回していたのです。

 

しかし限度枠いっぱいまで使ってしまったことで、追加融資を受けることができなくなりました。そこで弁護士に債務整理の相談をし、任意整理という方法で整理することになったのです。任意整理は利息をゼロにする方法ですが、カードローンの利息が相当に大きくなっていたので実質的に完済までの総額が半分になりました。

 

債務整理後はブラックになるので5年間は借入ができませんが、家計を見直して収入の範囲でやりくりしたので問題なかったです。

 

債務整理は苦しかったです。

私は社会人になって上司から激しく怒られた事があり、クレジットカードで多額の買い物をしてしまった事がありました。最初はきちんと支払いができていたのですが、あまりにも支払い額が大きくなり最後には支払いができなくなりました。

 

困った私は債務整理を決意しました。債務整理を行うために弁護士事務所に行き、状況に付いて説明したら弁護士からそんな使い方をしたら債務整理をする羽目になりますよとかなり厳しく言われました。そして債務整理の中でも任意整理を紹介してもらいました。

 

弁護士に自己破産はどうかと聞いてみたら自己破産はどうしても払えない場合の最終手段であって、支払い能力があるあなたは任意整理をしてせめて元金だけでもきちんと返済しなさいと言われました。弁護士の意見は最もだったので、弁護士に任意整理を依頼しました。

 

任意整理をしている間は金銭的にはかなり苦しかったです。またクレジットカードは一切使えなくなったので生活は苦しかったですが、弁護士の先生から債務の残額が減って行くのを確認するのを楽しみにしていました。最終的にクレジットカードの支払いが全て終了した時には、弁護士の先生から二度とクレジットカードは使わないようにと言われて、現金で生活していこうと誓いました。

 

事業に失敗した後、債務整理を行いました。

ビジネスパートナーと事務所を構えて仕事をしていたのですが、事業が計画通りに進まないことがありました。というのも、ビジネスパートナーが途中で病気になってしまい、仕事ができなくなってしまったからです。

 

ビジネスを2人で計画していた時には、ビジネスが成功するとばかり思っていたので、パートナーが病気になった時には、かなり落ち込んでしまいました。その後、パートナーは仕事に復帰することがありませんでした。一人でビジネスを続けていた私は、モチベーションも低くなってしまい、事業を失敗させてしまったのです。

 

事業が失敗した時に残ったものは、大量の借金でした。お金がなかった私にとっては、残された借金を処理していく方法がわからなかったのです。知人に相談をすると、弁護士を紹介してもらうことができました。弁護士に事情を話すと、すぐに手続きを始めてくれました。

 

弁護士に言われるまま、きちんと手続きをすることにしました。その結果、債務整理を行うことになったのです。債務整理という方法があることを知らなかった私は、問題をひと段落させることができて、本当に落ち着きました。債務整理をできたのも、弁護士に仕事を依頼できたからだと思っています。

関連サイト